第二十三回 勉強会を開催しました。 @石橋公民館 2018/09

2018年9月22日(土) 17時から20時 栃木 Ethereum 勉強会を開催しました。

今回は、3名でした。少なくなった!

仮想通貨のバブルが終わったから??

などとも話しましたが、集まった3人は、ブロックチェーン(Ethereum)に前向きでした。

今回は、Ethereum の Yellow Page の話し。

Ethereum Yellow Paper
https://github.com/ethereum/yellowpaper
Other language versions
Chinese translated by YuanGe and GaoTianlu.
French translated by Asseth (checkout to branch ‘french’ ).

※ Ethereum Yellow Paper 日本語版は、ありませんでした。

It is a free culture work
それは、無料の文化的仕事です。

https://ethereum.github.io/yellowpaper/paper.pdf

We can call this paradigm a transactional singleton machine with shared-state.
それのパラダイムを状態の共有とともに転送可能なシングルトン機械と私たちは読んでいます。

パラダイム(paradigm)とは、ある時代や分野において支配的規範となる「物の見方や捉え方」のことです。 狭義には科学分野の言葉で、天動説や地動説に見られるような「ある時代を牽引するような、規範的考え方」をさします。

a transactional singleton machine with shared-state
状態の共有とともにトランザクショナルなシングルトン機械 ➡︎➡️ ネットワークにたくさん存在しているけど、全体が一つの同じ状態を共有することが保証される機械。

White Paper(白書:問題提起)
Yellow Paper(議論中)
Blue Paper(設計書)
Purple Paper(固まった論文)

第二十二回 勉強会を開催しました。 @石橋公民館 2018/08

2018年8月25日(土) 17時から20時 栃木 Ethereum 勉強会を開催しました。

今回は、エドガーさんのスマートコントラクトの製品がリリースされたという話がされました。

Realit.io の説明会&ワークショップ 2018/09/29 (土) 13時から 渋谷 は、こちら(渋谷?)です。

Realit.io リアリティオ
https://realit.io/

この製品(スマートコントラクト)は、ブロックチェーンネットワークに現実世界の出来事(事実)を紐付ける役割を担います。

ブロックチェーンネットワークは、ネットワーク内(コンピュータ上の)での情報の存在証明は、得意ですが、現実世界の事実と紐付ける手段がありませんでした。

説明:

このスマートコントラクトは、質問者と回答者がいて、質問者は、掛け金を払って、質問し、回答者も掛け金を払って質問に回答します。

回答者は、複数存在することが可能で、もし既に投稿された回答が誤りと思ったら、より高い掛け金を払って、回答することができます。

もし回答者がわざと誤った回答をしたとするとその回答者は、他の回答者の回答に負けるので、自分の掛け金を失います。

複数の回答が競合したときのために質問者は、任意の信頼できる仲裁者を設定できます。

仲裁者は、質問者が正しい回答を持っていると信じる人で、回答者とグルになることはできません。

仮に仲裁者が正しい回答を持っていなくても、回答者がひとりなら質問者は、正しい回答を得ることが出来ます。

もし仲裁者が正しい回答を持たず、回答者が複数存在し、正しい回答がわからなかった場合、質問は、取り消すことができます。

間違ってたら修正を提案してください。>>エドガーさん

翻訳:

質問者

Choose from a variety of question types.
さまざまな種類の質問から選択してください。

Post a clear question in English.
明確な質問を英語で投稿してください。

Determine the resolution date for a question.
質問の解決日を決めます。

Determine how long after that date the question can be answered.
その日以降どのくらいの期間、質問に答えられるかを決定します。

Enter an incentive reward for those answering the question if you expect a party other than yourself to answer.
自分以外の当事者が回答すると思われる場合は、質問に回答する人にインセンティブ報酬を入力します。

Choose from a pool of arbitrators or create your own: such as an individual, organization, DAO, etc.
仲裁人プールから選択するか、個人、組織、DAOなど自分で作成します。

回答者

Post your answer and a bond.
あなたの答えと債券を掲示する。

Correct answers receive their bond back, plus the reward, and incorrect answers lose their bond.
正解には債券が返され、報酬も返されます。間違った回答は債券を失います。

Answers can be challenged via the posting of another answer and a higher bond.
答えは、別の回答とより高い債券の転記によって挑戦することができます。

Final unchallenged answers are accepted as correct, but arbitration can be requested to dispute an accepted answer.
最後の挑戦されていない回答は正しいと認められますが、受け入れられた回答に異議を申し立てるために仲裁が要求されることがあります。

Once the arbitration fee is paid, the question is locked and the arbitrator sends the answer to the smart contract, releasing the bond and reward to the correct answer.
仲裁手数料が支払われると、質問はロックされ、仲裁人はスマート契約に回答を送り、債券を解放して正解に報酬を返す。

—–

あと、I島さんの仮想通貨の対応をしました。

—–

Realit.io の説明会&ワークショップ 2018/09/29 (土) 13時から 渋谷 は、こちら(渋谷?)です。

第二十一回 勉強会を開催しました。 @石橋公民館 2018/07

2018年7月21日(土) 18時から20時 栃木 Ethereum 勉強会を開催しました。

今回は、宇都宮コイン(地域通貨)を ERC20 トークンとして作れないか研究しようかと思ったのですが、年配の男性がいらっしゃって、購入した仮想通貨がウォレットに入金されているか確認できないというので、そちらの対応を優先しました。

I島さんの仮想通貨 NOAH。

この通貨が ERC20 トークンなのかどうかもよくわからなかったのですが、ERC20 トークンのようでした。

ウォレットが NOAH コインのベンダーのウォレットのようで、誤った情報を入力したのにその変更ができず、どん詰まりになっているようでした。

話によると、2年間、持っていると値が上がる事をそのコインベンダーは保証しているということのようで、追加購入したけども、追加購入したコインが正しくウォレットに入金されているのかもよくわからないそうです。

私は、仮想通貨取引は、基本しないので、気をつけなきゃいけないんだなと思いました。

第二十回 勉強会を開催しました。 @石橋公民館 2018/06

2018年6月16日(土) 18時から21時 栃木 Ethereum 勉強会を開催しました。

各自エドガーさんに聞きたいことを聞いたり、質問管理表を埋めたりました。

他の人が何を話していたのかは、わからない部分もあるので、私がしたことですが。

https://bit.ly/2tGc12B

この DApp を実行することをしてみました!

こんな感じでやってみました。

テストネットの ETH を取得するには、

https://qiita.com/shiki_tak/items/855bd5d2213213610365

の 「2. gethをテストネットで起動する」 の 「テスト用のEtherを取得します。」 の方法で、送り先のアドレスを入れて Twitter に投稿したらもらえました。

8時間かかるとか書いてありましたら、10分くらいで、3 ETH もらうことができました!!

この DApp は、任意の文字列をブロックチェーンに投稿するというもので、私は、「雨にも負けず、風にも負けず」を投稿しました!!

そして、この DApp のソースは、見れるか探しましたが公開されていないように見えました。

エドガーさん曰く、DApp もソースコードを非公開にする場合もあり、ソースコードのデコンパイラも開発されているが、まだ、完璧ではないとのことでした。

その他。

Best dapp browser of 2018
https://medium.com/coinmonks/best-dapp-browser-of-2018-63a15ed1a2f9

これか??

Github で Mysay のソース探したけど、それっぽいの無い。。。てか、わからない
https://github.com/search?p=1&q=mysay&type=Repositories

Browser-Solidity でソース見れないような感じの気がする
https://ethereum.github.io/browser-solidity/#optimize=false&version=soljson-v0.4.24+commit.e67f0147.js

Smartcontractの開発を効率化するBrowser-solidityの使い方
https://qiita.com/mukoya/items/c00dd5d2f238309f4bba

EthereumのコントラクトをRemix(旧browser-solidity)で開発する
https://tomokazu-kozuma.com/develop-ethereum-contract-with-browser-solidity/

Mysay の DApp sate のリンクを探したけど、ソースらしきものは、見つからない。
Github を検索したけど、

———-
Bitcoin をバカにする掲示板??
https://www.reddit.com/r/Buttcoin/

各国のICO規制
https://cointyo.jp/article/10003408

Petshop
https://zoom-blc.com/how-to-create-first-dapp

自宅でブロックチェーン技術を習得してアプリケーション開発
https://techacademy.jp/briefing-lp-blockchain-s?gclid=
オンライン完結のSolidity講座 | 自宅で学べるブートキャンプ‎

リンク切れてたらすみません!!(>_<)

次回の勉強会は、

https://eth.connpass.com/event/92755/

第十八回勉強会を開催しました。@石橋公民館

第一八回栃木イーサリアム勉強会を
2018年4月24日(土)18:00〜20:30 栃木県石橋駅から徒歩10分の石橋公民館2F会議室で行いました。

公民館の会議室のテーブルをコの字型にして勉強会の準備をします。
4月になり、だんだんと日も長くなってきた様で、勉強会はまだ辺りが明るいうちに始まりました。

今回の参加者は10名。
うち3名が新規の参加者で、みなさんエンジニアではありませんでした。
また県外からの参加者が4名。すでに何度か参加されている方はエンジニアの方が多い様です。

まず最初に全員の自己紹介を一回り行いました。
その後、進行役の大垣さんから新たに参加された方にイーサリアムやブロックチェーンについて聞きたいことがありますかと尋ねたところ、以下の質問があがりました。
 ・ビットコインとイーサリアムの違い
 ・フォークとは?なぜ起こるのか?
 ・スマートコントラクトでこの先どう変化してゆくのか?
これらの質問について、町井さん、エドガーさんが中心に回答されました。

その後、話が進む中で以下のような議題が出ました。
・イーサリアムの開発者増加傾向とその指標
・ブロックチェーン周りの税制・法整備
・コインの価格と世の中の動き(決算期)の相関関係
・リリースしたコントラクトを更新・停止する方法があるのか
・一般の方とブロックチェーンの接点

皆さん活発に発言され、終了の時間には、日もとっぷり暮れていました。
最後に参加者のみなさんで会議室を片付けて、今回の勉強会は終了です。

残念ながら、今回議論が長引いてしまったため、実習予定だった齋藤さんが作成されたペットショップのチュートリアルは行うことは出来ませんでした。
このため実習を行うメンバーは、議論を行うメンバーと分けて進めた方がよいのでは?と提案がでました。

次回の勉強会は、5月19日18:00〜 に開催予定です。

第十七回勉強会を開催しました。@石橋公民館

2018年3月24日(土) 18時から20時30分くらいまで。第十七回勉強会を行いました。

今回の参加者は、4名でした。

なんかいつもより少ないねとエドガーさんと話していました。

少し遅れて、2名到着。

最初は、質問管理表の回答をみんなで確認して、訂正しました。質問管理表も充実してきたので、著作権表記を一番上に書きました。

そのあと、現在の勉強会の問題点を話して、今後、どうするかという話になりました。

第十六回 勉強会を開催しました @ 石橋ラ・ポルテ2F

2018年2月17日(土)18時から20時30分くらいまで、石橋駅西口近くの共同オフィス、ラ・ポルテにて、第十六回勉強会を開催しました。

参加者は、8名くらいだったと思います。

新規の参加者が1名いらして、事務局の佐藤順の方で受付をしました。

受付をすると質問管理表への書き込みや勉強会の Google Drive へのアクセス、Facebook グループの参加ができます。

そのあと2グループに別れて、エドガーさんへの質問グループと斎藤さんのチュートリアルのグループで勉強会を進めました。

斎藤さんのチュートリアルは、うまく行かない Ubuntu の人がいて、Ubuntu は、様々な開発環境がセットアップされていると競合してしまうので一旦、OSをクリーンインストールした方がいいよ。と言うことでした。

その他にエドガーさんへの質問グループもいろいろとディスカッションできたようでした。

最近は、参加者のみなさんが積極的に勉強会の Facebook などにも投稿してくれて、盛り上がっています。

第十五回勉強会を開催しました。@石橋公民館

2018年1月20日(土) 18時から20時45分 石橋公民館にて、栃木 Ethereum 勉強会を行いました。

今回は、6名での勉強会となりました。

1名、新規の参加者がいたので、私の方で、truffle で MetaCoin のサンプルを動かすことをしようとしたのですが、うまく動きませんでした。

詳細、忘れたのですが、truffle serve まで通ったけど、コインの送信がちゃんとできなかった気がします。

truffle のバージョンは、4 で fsseven は、コンストラクタじゃないとかいうエラーで truffle serve が通らなくて、3 に落としたら通った記憶です。

その他、参考リンク。

https://medium.com/loom-network/how-to-code-your-own-cryptokitties-style-game-on-ethereum-7c8ac86a4eb3

https://cryptozombies.io/

次回は、2018年2月17日(土) 18時から20時30分くらいまで、です。パリス・ヒルトンさんの誕生日です。場所は、石橋公民館です。あとで、Connpass 立ててもらうので、そちらで参加申請してください。